あめろぐっ!! ~アメリタットのアグレッシブブログ~

FPS大会情報や日常ブログ。アメリタットのアグレッシブブログ略して『あめろぐっ!!』  1人でも多くの方に”使われるブログ”を目指して頑張ってました!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check  

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリタット in 鉄鬼

おはようございます。
昨日はアイカフェに行って鉄鬼をやって来ました。

今回はその鉄鬼について書いていこうと思います。
1時間やっただけでもかなり書くことがあったので、有意義な時間を過ごせたと思います。

1、基本操作について
移動方法はサドンアタックと同じでWで前進、Aで左、Sで後退、Dで右、Rでリロード、スペースでジャンプ、シフトでブーストとなってます。
※ブーストとは移動速度を一時的に早める事。(ガンダム的な感じ)

2、アクションについて
1~3キーはメイン、サブ1、サブ2という感じになっている。
基本メインは攻撃
サブ1はハンドガン的
サブ2は機体特有の攻撃
という感じだった。

3、機体の種類について
今回プレイで使用した機体は4体。
それぞれ分類すると以下のとおりとなる。
・遠距離での攻撃に特化しているスナイパー型
・近距離での攻撃に特化しているアサルター型
・数百発の弾を連射するマシンガン型
・味方の機体を修理(回復)するリペア型

それぞれには次のような違いがある
スナイパー型
メインは当然スコープ付きの銃である。
威力はサドンより高くないので、1発当てても死ぬということはない。
3発ぐらい当てて死ぬぐらいだろう。
サブ1は機関銃でサブ2は単発銃となっている。
しかし、ブーストが使えないので移動に不便ということが欠点。

アサルター型
メインは連射が可能な銃である。
ブーストを使いうまく攻めていけばかなり強力な戦力となる。
しかし弾の威力が若干弱めなのが欠点なので単独の攻めより連携が必要。
サブ1は機関銃、サブ2は単発銃となっている。

マシンガン型
メインは900発戦場に弾を放てるマシンガン
しかしこれは発射中は移動できないので後ろからの襲撃などには十分な対処が必要。また、かなりの反動でリコイルが必須となっている。
威力も若干弱めなので攻撃補助と行ったポジションになりそう。
たしかこれもブースト使えなくなっていたと思う。
サブ1は機関銃の弱め版でサブ2は単発銃の強めとなっている。

リペア型
唯一味方の機体を回復することができる機体。
メインは自分の機体をコピーして範囲内に入った的に自動的に攻撃してくれる素晴らしい機能を備えている。
メインの機体は1か所しか置けないので戦場の発展する場所に置きたいがその製造された機体にも耐久度があり、それの耐久値の事も考えないといけないのでそこまで発展させる場所に配置させることも難しい。
サブ1は単発銃でサブ2はリペアとなっている。

他にもミサイル型やグレネード・地雷型など8機の機体でプレイする事が可能である。

4、その他の情報
・ゲームヤロウで初めてのボイスチャット機能が使えると思われるオプションを確認。
・所持ポイントは初期で4万、1試合大体200ポイント程稼げる。
・ショップでも様々な武器やブーストの種類などが販売されており、1日500~800ぐらいのものとかなりポイントには問題が無いように思われる。
・サドンと違って1日・7日・15日・30日・90日等とユーザーに配慮された販売日数が設けられている
・初心者でもわかりやすく全アクションを行わせるチュートリアルモードがあり、そこで操作に慣れることができる
・今回のマップでプレイできたマップは2種類でデスマッチモードとサバイバルモードである。デスマッチモードは最大16対16の最大32機体で戦闘を行うことができる。デスマッチモードは3チーム最大8機体に分かれてそれぞれのチーム別リスポーン地点(各マップでそのリスポーンが2か所ある)からスタートして、最後まで生き残れた人が勝者となる。

また、今回の先行ロケーションテストでは鉄鬼Blogでおなじみのジェイムス・ブライト隊長がゲーム内に遊びに来てユーザーと一緒にプレイしていた。
もちろん出現時には「鉄鬼運営チームです」の告知から始まり、「ただいまからジェイムス隊長が皆様のルームへと潜入します」と告知のテストも行われており、今回は運よくジェイムス隊長がルームにやってきた。

ジェイムス隊長は試合中ユーザーとのコミュニティには積極的で隊長ならではの口調で話掛けを行っていた。
また、たまにタイプミスをするらしく他言語を話してしまったと言い訳する姿もなかなかのキャラクターっぷりである。

隊長は1試合で退出して別の部屋に行ったが、デスマッチだと150キルするのに1試合約15分~20分程かかるのも今後どのようにユーザーを夢中にさせるかが課題となるゲームだと思った。

また今回プレイした16時半~17時半の時間でプレイしていた人数は100名程だったので、ユーザーの確保を今後どのように行っていくのかが個人的には注目したいところである。

以上がアメリタットの鉄鬼第1回ロケーションテストの報告である。
一応1時間プレイしたので1000バナを11月中旬には貰えるだろう。

今回ネットカフェで先行プレイしてきた人はお疲れ様。
また、TGSでのトレーニング先行プレイや今回のアンケートに回答してβテストアカウントをゲットした人は今後の先行βテストでまた会おう。

それではノシ。
関連記事
Check  

[タグ未指定]
[ 2009/10/26 06:49 ] .日記 ゲーム・リアル日記 | TB(0) | CM(1)
No title
鉄鬼は面白そうですね~ 俺もやってみよ
[ 2009/10/28 12:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ボイスチャットDLリンク
リンク切れがありましたらコメントなどで連絡ください♪
ツリーカテゴリー
最近の記事+コメント
月別アーカイブ

Plug-in byまる。hi

PC SHOP LINK


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。